『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、暁佳奈による日本のライトノベル。イラストは高瀬亜貴子が手掛けている。 KAエスマ文庫より2015年12月から刊行された。本編全2巻、外伝1巻。「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の少女を中心に繰り広げられる群像劇。第5回京都アニメーション大賞大賞受賞作であり、現在までで唯一の大賞受賞作である。4年間にわたる東西南北による大陸戦争が終結。その戦場で「武器」と称されて戦うことしか知らなかった少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、激化する戦場で両腕を失い、自在に動く義手を付けることを余儀なくされる。退院したヴァイオレットは、元中佐で社長のホッジンズの下で、自動手記人形としてC.H郵便社で働きはじめる。ヴァイオレットには、かつて戦場で誰よりも大切な人・ギルベルト少佐がいたが、最後に聞かされた「愛してる」という忘れられない言葉があった。その意味を理解できなかった彼女は、仕事と日常を通じて人と触れ合いながら、その言葉の意味を探していく。任務に忠実で真面目なヴァイオレットは、仕事の覚えも早く、タイプライターも短期間で使いこなすようになるが、戦場しか知らない彼女は常識的な他人とのかかわり方が欠如しており、様々なトラブルを起こしてしまう。アニメファンのために、弊社では、ヴァイオレット・エヴァーガーデン抱き枕カバーを用意しております。オーダーメイドもできます。

商品一覧

9件のページ

件表示

9件のページ

件表示