『天元突破グレンラガン』は、ガイナックス・アニプレックス・コナミデジタルエンタテインメント製作の日本のロボットアニメ作品。作品名の「天元」とは、万物生育の根源という意味があり、また囲碁の用語では碁盤の中央を指す。劇中のキーワードにも螺旋、ドリル、回転等、中央・中心に関連するものが多く見られ、中央突破、王道路線を念頭に置いた作品名といえる。監督である今石洋之の「ドリル」を念頭に置いた原案、基本設定と構成から、脚本の中島かずきが「進化と宇宙での象徴である螺旋」というテーマ[注 1]に乗せ、一人の男の成長劇と、生命と宇宙の進化を描いた巨大ロボット作品となっている。過去の特撮・アニメをモチーフないしパロディとしたメカデザインやシーン描写が多数存在する。本作品に登場するロボットは全編通して「ガンメン」と称され、「顔を中心に手足が付属する」という比較的マイナー部類のデザイン系統を採用している。劇場版映画として、『天元突破グレンラガン 紅蓮篇』が2008年9月6日に、続編『天元突破グレンラガン 螺巌篇』が2009年4月25日に公開された。劇場版の展開に合わせ、テレビシリーズの地上波再放送がテレビ東京系列深夜枠にて度々行われた。アニメファンのために、弊社では、ヨーコ・リットナー Yoko Littner 抱き枕カバー、 ニア・テッペリン Nia Teppelin 抱き枕カバーが持っています。ご来店をお待ちしております。

商品一覧

9件のページ

件表示

9件のページ

件表示