学園類のアニメを言えば、とある科学の超電磁砲のような超能力とか、月がきれいみたいな恋愛とか、のんのんびよりのような日常とか、月刊少女野崎くんみたいなコメディーとか、がっこうぐらしのようなホラーとか、色々な種類がある。ただ学生たちの知恵で戦うなんてのアニメは元々少ない。この中で優秀なアニメはもっと珍しい。

『ようこそ実力至上主義の教室へ』は元々ライトノベルであり、その後アニメ化にされて今年の7月からアニメが放送されている。略称はよう実。本人は原作のラノベはまだ読まないが、アニメが好きな方として、今後も読まない。アニメは原作を中心としてストーリーが変わられたことはネタバレで知った。今、アニメは最新の第九話に至り、軽井沢恵はヒロインの一人として、主人公である綾小路清隆の協力者になるという原作のストーリーはアニメにはまだ出ない。無人島の試験でDクラスは他のクラスに対す対抗はこれから数話のストーリーの展開である。

第一話を見るのは7月新番として、面白いアニメを探すことは目当てで、結局、よう実の設定やストーリーの展開に惹かれている、放送の最初から今までずっと毎話も見続けた。アニメの話数はまだ確定されていないが、少なくとも12話がある、24話があればもっと良い。ヒロインの中で、一番気にかかるのは堀北鈴音である。現在のストーリーの展開を見れば、彼女だけは唯一の本心を見えるヒロインだと思っている。堀北鈴音は美少女だが、性格は他人と接触することを避けている。クールな外見で、ストレートなロング黒髪を持って、Aクラスに所属する同時に学園の生徒会長である兄・堀北学と肩を並べたいので、ただAクラスに上がるということは行動の目的である。つまり、ブラコンの一種と言えるでしょう。

同じくDクラスに所属する櫛田桔梗はDクラスのアイドルのような存在である、最初はいつも笑顔の様子で、「学園中のみんなと友達になりたい」という目標を持ち、また、堀北鈴音と同じく他人とのコミュニケーションに消極的な綾小路清隆に親しく接していることで、彼女は本当のアイドルだと思っているが、一人きりの時に堀北鈴音への不満を罵っていることがあり、さらに、このことが綾小路清隆に偶然に見られた際に、このことは誰にも口外しないように強引に胸を触らせて綾小路を脅した。そこで、櫛田桔梗は裏の顔があることを知った。みんなは彼女の表の顔に騙された感じで、彼女に対する良い印象はあっという間に消した。

ところが、彼女に脅された主人公・綾小路清隆は本当の実力を隠して自由な学園生活をしたいので、目立つ行動は全力で避けているが、やる気もないし、なんのことも興味ないし、無関心で、影のような存在感を与えられた。ただ残されている一番深い印象は、第一話の初めだった。バスの中で、全ての席に学生が座っている、一人のおばあさんは乗り上がった、誰でも席を譲る気がない際に、綾小路清隆は堀北鈴音に一目見た。また、学園に入るところが、堀北鈴音は彼に向いてバスの中でどうして自分を見たことを聞いた、綾小路は自分と同じ人だと思ったというように答えた。そして、彼女の隣の席に座っている綾小路は積極的に接触するクラスメイトは堀北鈴音しかない。この中の理由を非常に興味を持っているながらも未だに疑問である。主人公の性格を考えると、彼は決して人好しではないが、頻繁に他人と接触することも好きではない。担任教師にAクラスに本気で目指しないと、学校にも彼を保護できないというように脅されたら、Aクラスに上がることにやる気が出たようだ。

同時に、主人公・綾小路清隆に少し同情したい気がする、二人とも脅された、そういうことは確かに哀れなことだ。まあ、櫛田桔梗のことは本人にとってどうでもいい感じだが、担任教師に脅されたことは大いに怒られたようで、本人はただ平和な学園生活を過ごしたいのに、不本意のままでAクラスに上がることに巻き込まれた。これから、全てを見抜いた上で対策も立てれる綾小路はどうのような動きをするのか…次回を楽しみ!