毒舌は手厳しい皮肉や悪口。現実にも二次元にも、そういう属性があるキャラは少なくない。話す時、毒舌の人はきっと本気で他人を傷つけることではないが、もちろん、わざと悪口を言って他人を刺激する人もいる。ある人たちは毒舌の発言を聞いたら、苦しくなくて逆に興奮した、これはドエムだろう?それでは、アニメには毒舌の美少女たちを見てみよう!

1.西園寺日寄子 
スーパーダンガンロンパ2』の登場人物として、超高校級の日本舞踊家である。薄い金色のツインテールを持って、いつもオレンジ色の着物を着て、身長はただ130㎝で、凄く小さくて可愛くて、またいつも笑顔の容姿ので、外見に感じられるのは萌えということである。彼女の趣味も可愛い、小さい頃から日本ダンスを学ぶの原因、彼女は非常に和風のものが好き、たとえ温泉、綺麗なお菓子とか。なのに、可愛らしい外見とは反対に性格は残酷で毒舌。だが彼女自身は精神的に打たれ弱い。嘘泣きかもしれないが、説教などしようものならすぐに泣く。誰に対しても毒を吐くわけではなく、好意をよせている相手には人懐っこい仕草を見せる。


2.夏川真涼
『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』のヒロインの一人である。絶美な15歳の混血美少女で、銀色のストレートヘアと蒼い瞳を持って、まるで童話から走り出した人物みたい。こんな綺麗な容姿を持って高校内で一番の美人と評判されるから、男子生徒からの告白が多く、断り続けてきた。だが、普段はこんなに美しい、おとなしくて完璧な学生だが、性格は毒舌。また、夏川真涼は人をからかうことが大好き。たくさんの毒舌の女の子も自らこの属性を持っている。こういう女の子は毎日告白されて、いい加減疲れから嫌気がさし、こういう面倒くさいことから逃げるために、彼女は自分と同じく色恋沙汰への興味が無い鋭太を選択して、彼の以前の中二ノートで鋭太を脅して偽装カップルとなる。

 

3.夏野霧姫
『犬とハサミは使いよう』のヒロイン、彼女は人気な小説家で、ペンネームは秋山忍である。作家活動を行っている時、自分の顔と本当の身分を一度も公開しない。読者にとって、彼女は謎だらけ……夏野霧姫は黒髪で黒服の美人で、瞳は赤色で、いつもハサミを持って、自称爆乳のスタイルだが、実は貧乳である。彼女はドエスと毒舌の性格で、また、完璧主義者として、執筆に非常に厳しい要求がある。執筆前に必ず了解、さらに作品の技術を学び、また、身につけた手帳にインスピレーションを書くこともある。

4.三日月夜空
『僕は友達が少ない』の登場人物であり、メインヒロインである。三日月夜空は顔が中性で格好いい超級美少女で、黒いストレートの長髪を持って、性格は強勢で、毒舌の力は凄く強い、またドエスである。しかも、普段彼女の表情は非常に厳粛で、高そうな顔で、他他人と接することを拒否している様子。こういう状態で、たとえ彼女は超級美少女でも近づかない感じ、また常に乱暴な男口調で喋る上に愛想がないため、彼女も友達が少ない。一方、普段の強気な態度とは裏腹に、内面はかなりの豆腐メンタルで不器用。

5.黒猫
黒猫の本名は五更瑠璃である。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の登場人物。五更瑠璃は非常に綺麗な和風美少女で、左目の下に泣きぼくろがある。和風の姫式のストレートの黒髪ロングを持って、伝統的な味がある。普段はゴスロリ風衣装を着て、またいつも猫耳を被っている。普段は自称が黒猫で、これはハンドルネームで、サークルや個人ブログも持っているディープなオタク。出番ばかり時、近づきにくい感じが与えられる、彼女は会話に苦手で毒舌、それに、性格は素直じゃない。話す時の特徴は毒舌以外には、偶に凄く中二病な感じである。

6.戦場ヶ原ひたぎ
物語シリーズのヒロインである。戦場ヶ原ひたぎは腰までの長い髪、美しい美貌を持って、クラスには、幻の夢のような存在で、美貌の上にいつも病気で学校に行かない、また、他人と接触することもないから、クラスメイトから深窓の令嬢と思われている。このお嬢様は学力も強くて、教科書の全ての内容を暗記できる、そして、さらに伝説になる。どんなお嬢様かと思いきや、ひとたび口を開くと物凄い毒舌暴言を平気で吐いてくる。

白鬼院凛々蝶、藤林杏、ダリアン……一番お気にいるのはどちらでしょうか?