だれでも知っているように、シスターはたくさんのアニメにはそんなに純潔・善良ではなく、彼女たちは熱血で暴力、若しくは熱意で奔放な性格である。シスターはアニメにはメイドと同じ、元の意味を代表することではない。作者は彼女に与えれるのはシスターという肩書きだけである。だからこそ、彼女たちはあんなにたくさんの出格なことをするなんておかしくない。また、こういうように著しいコントラストを持っているシスターは可愛い!

さて、アニメのシスターは果たしてどんなに不純なことをしたのか?彼女たちはどのほどシスターの設定を転覆したか?

1.高山マリア
僕は友達が少ないに登場したキャラである。聖クロニカ学園のシスター、隣人部の顧問である。個性は単純で、非常にやすく騙される。特に三日月夜空に騙されることは多い。隣人部の部室は彼女から騙されるものだ。ただ十歳が、学力が凄く良い、一般的な高校生も彼女に勝てない。どこから学んだうんこに対する執着がさっぱり分からん、いつもなになにはうんこみたいように罵る。かつて自分の姉をうんこばばに呼ばる。個性はあんまり無邪気ので、羽瀬川小鳩は吸血鬼であることを本当に信じている。小鳩に噛まされた後自分も吸血鬼になることを恐れている。隣人部の部員に太陽に当たると吸血鬼にならないというようにお知られる。だから、迅速で太陽の下に走った、そして、自分の衣装も脱いだ。マリアは世間知らずな幼女だが、シスターであるのに裸体の姿で走るのはあんまり良くないことだ。

2.インデックス
とある魔術の禁書目録』のメインヒロインである。銀色の長髪を持って、年齢は約14、15歳ぐらいだが、可愛い幼児の体型を持っている。イギリス清教第零聖堂区に所属するシスター、完全記憶能力を持って、十万三千冊の魔道書を記憶する「禁書目録」の図書館で、歩く教会の修道服を身に付けて、言葉の学力は優れているが、科学領域に対する特に機械に関する適応能力はほぼゼロだ。インデックスはアニメには巨大な趣味があり、それ主人公・上条当麻に噛み付くとこである。毎度他人を噛み付く際にちゃんと充分な理由があって、例えば、主人公に着替えの姿を見られた。しかし、パンツもはいてないままに人に噛み付いた。シスターであるのに、そもそも人に噛み付くのは悪い、さらにパンツもはいてない姿で人に噛み付くなんて大間違えた。

3.高山ケイト
高山マリアの姉であり、15歳、妹と同じく銀髪碧眼の美少女である。行動や喋る方はかなりおっさんみたい。小鷹による、シスターの神聖なイメージが壊せたシスターというように言われた。あんまり自分のイメージを気にしない少女であり、高山ケイトは完全におっさんのように生きている。人前でも平気でゲップや放屁をするなど、後で小鷹に意外に裸体が見られたも恥ずかしい情緒もない。

4.カオス
そらのおとしものに登場するキャラ。第二世代エンジェロイドタイプε、外見は恐怖な雰囲気が満ちているシスター服のロリに見えたが、愛の本当の意味も分からない。かつて愛の意味を理解し間違えた、イカロスが話した言葉で愛は痛みと思った。それから、少女の形に進化して、倒された後でダイダロスに送られた。カオスは万能の天使であり、彼女はずっとシスター服を着ている。シスターこそやることをやっていない、彼女の行動は初めに凄く変態だが、戦うながら衣装が爆発している。

5.アーシア・アルジェント
ハイスクールD×Dのヒロインの一人。他人の気持ちを良く理解できる女の子、自身は持っている神器・聖母の微笑ので、彼女に強い治癒能力が与えられた。元はシスターであり、神器を持って人々と天使の傷を治療できるだから、聖女に呼ばれる。ある回偶然に悪魔を治療した、天使、堕天使、悪魔を治癒する効果を持っていることが気づかれた、また魔女に呼ばれる。アーシア・アルジェントは元々シスターであり、裸体のエプロンを着ている主人公を誘惑する際に、すっかりシスターの設定を忘れた。シスターはそんなことをするわけではない。

6.テレサ=ベリア
聖痕のクェイサーに登場するキャラ。聖ミハイロフ学園付設聖堂のシスターである。一般的な学生たちにとって、彼女は良く欠席した特待編入生に見えたが、実の本体は教会に派遣されたサーシャの生神女。聖乳を持っている聖女として、主人公に聖乳を供給することは彼女の仕事。

7.エダ
BLACK LAGOONの登場人物の一人。暴力教会の金髪サングラスのシスターであり、ヨランダの用心棒でもある。サングラスを外したことは少ないが、作風と言葉は非常に粗野で、射撃にレヴィに負けない、金に対する貪欲は非常に多い、そして、極めてギャンブルと他人を罠にかけることが大好き。

そんなシスターたち、まだお好きですか?