『いちばんうしろの大魔王』は、水城正太郎による日本のライトノベル。イラストは伊藤宗一が担当。ホビージャパン・HJ文庫より刊行。『チャンピオンRED』(秋田書店)2008年11月号から2014年2月号まで漫画作品が連載。作画は原作の挿画と同じ伊藤宗一。また、2009年9月発売の第7巻でHJ文庫発のオリジナル作品としては初めてのテレビアニメ化が発表され、2010年4月から6月まで放送された。西暦30世紀の世界。魔法が当然のように存在するこの世界で、100年前に勃発した人類と魔王の大戦争は多くの犠牲を払いながらも人類の勝利で終結し、大きく傷付いた文明の傷も癒えようとしていた。そんな折、1人の魔女が生後間もない乳飲み子を抱えてある街に降り立ち、コ=ロ神教会の前へその新生児を置いて姿を消した。10年後、教会に引き取られたその子供は「紗伊阿九斗」という名を与えられて孤児院で育てられるが、常に平等と博愛を説き「聖人君子」を地で行く阿九斗の姿は周囲の人々を畏怖かつ困惑させた。しかし、当の阿九斗本人は他人に迷惑をかけないよう慎ましく生きたいと考え、やがて養子縁組の話がもたらされる・・・アニメファンのために、弊社では、服部絢子 抱き枕カバーと服部絢子 照屋栄子抱き枕カバーを用意しております。

商品一覧

3件のページ

件表示

3件のページ

件表示