『うた∽かた』は、2004年10月から12月にかけて放送されたテレビアニメ作品である。なお、漢字では詩片と表記し、泡の意味の泡沫にかけている。また、「∽」の記号は音読しない。全13話だが、テレビアニメで放送されたのは第12話までで、第13話はOVAとして発売された。『キディ・グレイド』のgímikの企画による作品である。同時期に小梅けいとによるコミック版が電撃大王にて連載されていた。神奈川県の鎌倉に住む中学2年生の少女・橘一夏は1学期の最後の日、学校の大掃除中、双子の家庭教師の藤堂誓唯と藤堂繪委から貰ったお守りのついた携帯電話を落としてしまう。下校途中にそれに気づいた一夏は夕暮れの学校へ戻るが、不思議なことに携帯は鏡の中へ入り込んでしまっていた。そこに不思議な少女・黒城舞夏が現れ、携帯を返す条件として、神精霊(ジン)の力を使い、その感想文を代わりに書くことを要求してきた。戸惑いながらも了承した一夏は、舞夏を自宅に下宿させながら、神精霊の感想文も含めての夏休みを始めた。親友の多岐川皐月、篁蛍子、宗方未知留にも舞夏を紹介した一夏は、5人で楽しく過ごしながら、神精霊の力も使っていく。だが、その過程で人の負の面にやるせなさを抱いた一夏は神精霊の力を制御できず、人を殺しかける事態にまで発展。心身ともに追い詰められていく。アニメファンのために、弊社では、橘一夏 抱き枕カバーと篁蛍子 多岐川皐月 抱き枕カバを用意しております。オーダーメイドもできます。

商品一覧

2件のページ

件表示

2件のページ

件表示