『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』は、鈴木大輔による日本のライトノベル。イラストは閏月戈が担当。2010年12月よりMF文庫Jから刊行されている。略称は「おにあい」。メディアミックス展開として、2011年10月27日発売の『月刊コミックアライブ』12月号より緑青黒羽による漫画化作品が連載された。また、2012年10月から12月にかけてテレビアニメが放送された[2][3]。日本国外において翻訳版も刊行されている。とある事情で離れ離れになっていた兄妹姫小路秋人と姫小路秋子。妹の秋子は兄である秋人との再会を切に願っていた。そんなある日、兄の秋人が東京都の私立聖リリアナ学園に転校してきた。秋子は6年ぶりに再会を果たし一つ屋根の下、平穏な生活(妄想)を送っていく予定だった。そう、予定だったのだが・・・現実はそう上手く行かず、二人の生活を邪魔するかのように、生徒会長の二階堂嵐や金髪ツインテ美少女副会長の那須原アナスタシア、小学時代の幼馴染猿渡銀兵衛春臣までもが寮に引っ越して来る。秋子は考えました。「お兄ちゃん!!なぜ、覗きに来てくれないのですか!!」アニメファンのために、弊社では、那須原アナスタシア 抱き枕カバー、姫小路秋子 抱き枕カバー、猿渡銀兵衛春臣 抱き枕カバー、姫小路秋子エロ 抱き枕カバーを用意しております。

商品一覧