『甘城ブリリアントパーク』(あまぎブリリアントパーク)は、賀東招二による日本のライトノベル。イラストはなかじまゆかが担当している。富士見ファンタジア文庫より刊行されている。略称は「甘ブリ」。漫画化・アニメ化・日本国外での翻訳版刊行・スピンオフ小説刊行などのメディア展開が行われている。潰れかけたテーマパーク「甘城ブリリアントパーク」を主な舞台として、その再建を託された主人公の可児江西也とパークのキャストたちとのドタバタな日常を描いている。著者の賀東の前作『フルメタル・パニック!』完結からおよそ3年ぶりとなる新シリーズである。2011年刊行と発表されていたが、度重なる刊行延期の末、2013年2月に小説第1巻刊行となった。当初、ジャンルは「ラブコメディ」とされていたが、後に賀東は「あれはウソだ」とも発言しており、ラブコメらしからぬ過激なブラックジョークが多く見られる。メディアミックス展開としては、2014年2月より漫画連載が開始されたほか、1作のスピンオフ作品が雑誌連載されている。また、2014年10月より八奈川景晶によるスピンオフ小説『甘城ブリリアントパーク メープルサモナー』が刊行された。日本国外においては、台湾において翻訳版が刊行されている。オリジナルストーリーのテレビアニメ版が2014年10月から放送され、そのストーリーを元にしたコミカライズ作品も発売された。アニメファンのために、弊社では、千斗いすず 抱き枕カバー、ラティファ・フルーランザ 抱き枕カバー、ミュース 抱き枕カバーなどを用意しております。

商品一覧

28件のページ

件表示

28件のページ

件表示