『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』は、2008年4月25日に発売されたLassの第4作目のアダルトゲームソフト。2009年8月より「月刊コンプエース」上で綾野なおとによる漫画版『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』が連載されており、また同年10月からはテレビアニメ『11eyes』が放送された。Lass作品では初めてとなる、主人公のビジュアルが設定された作品となっている。主人公を1人のヒーローとして設定する作品が増えてきたため、そういった要望に答えるために本作では主人公にビジュアルを設定した形となっている。同一時間における主人公以外の視点から物語を描く新システム「クロスビジョンモード」を採用しており、物語をより深く理解できるよう工夫されている。キャラクター、世界観などの設定の一部が、同社の前々作であり、「Lassナンバーシリーズ」の一作目[1] 『3days 〜満ちてゆく刻の彼方で〜』とリンクしている。キャッチコピーは「そのアイ(眼/愛)が運命を変える」。姉を失ってから怠惰な生活を過ごしていた主人公・皐月駆は幼馴染である水奈瀬ゆかと共に突如辺り一面が赤く染まった世界に引き込まれてしまう。そして、同じくその世界に引き込まれた他の4人の少年少女と出会い、彼らの殲滅を目論む黒騎士たちの存在を知る。生き残るために、「赤い夜」を終わらせるために、そして守りたい「何か」を守るために命をかけた黒騎士たちとの戦いが始まる。アニメファンのために、弊社では、草壁美鈴 抱き枕カバー、百野栞 抱き枕カバー、橘菊理 抱き枕カバー、奈月香央里 抱き枕カバー、水奈瀬ゆか 抱き枕カバー、リゼット・ヴェルトール 抱き枕カバーなどを用意しております。

商品一覧

29件のページ

件表示

29件のページ

件表示