『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』は、赤城大空による日本のライトノベル。公式な略称は「下セカ」。イラストは霜月えいとが担当。第6回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。2012年7月、ガガガ文庫(小学館)より刊行され、2016年2月18日まで全11巻が刊行された。2014年6月に漫画化。同年10月にアニメ化が発表され、2015年7月より9月まで放送された。16年前の「公序良俗健全育成法」成立により、日本から性的な言葉=下ネタが喪われた時代。憧れの女性であるアンナ・錦ノ宮が生徒会長を務める国内有数の風紀優良校に向かっていた奥間狸吉は、痴漢冤罪になりかけていた轟力雷樹を庇い立てた際、《雪原の青》と名乗るテロリストによる下ネタテロに遭遇する。入学後、狸吉はアンナの勧誘で生徒会の一員になり、生徒会副会長を務める華城綾女とも親交を持つようになる。しかし、綾女は《雪原の青》と同一人物であることを明かすと同時に狸吉の弱みを握り、狸吉を強制的に下ネタテロ組織「SOX」のメンバーとして迎え入れ、全校集会での下ネタテロを実行させる。以降、狸吉は「SOX」のメンバーとして「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」に戦いを挑むようになる。弊社では、下セカ 華城綾女 抱き枕カバー、下セカ アンナ・錦ノ宮 抱き枕カバーを用意しております。

商品一覧

18件のページ

件表示

18件のページ

件表示