『最弱無敗の神装機竜』(さいじゃくむはいのバハムート)は、明月千里による日本のライトノベルです。遺跡から発掘された、古代兵器・機竜。それは10余年前に発見された世界に7つある遺跡から発掘された古代兵器、伝説の竜を模した機械装甲です。ある日、ルクスはネコに盗られたポシェットを取り返すべく追いかけていた時、王立士官学園女子寮の屋根を踏み抜んだことで大浴場に飛び込み、新王国の王女であるリーズシャルテ・アティスマータを押し倒してしまいます。リーズシャルテの怒りを買ったルクスは機竜での決闘を挑まれるが、彼は模擬戦では無敗を誇るものの未だ勝利したことが無い「無敗の最弱」と呼ばれる機竜使いでした。それゆえ、決闘で実力を示したことによりリーズシャルテに気に入られたルクスは、貴族子女ばかりが通う王立士官学園に編入することになり、入学した王立士官学園の個性的なヒロインたちと交流を深めながら、ルクスはさまざまな陰謀に巻き込まれていきます。最弱無敗の神装機竜 切姫夜架 抱き枕カバー、アイリ・アーカディア 抱き枕カバー、リーズシャルテ・アティスマータ リーシャ 朱の戦姫 エロい 抱き枕カバー、フィルフィ・アイングラム フィーちゃん 抱き枕カバー、クルルシファー・エインフォルク エクスファー 抱き枕カバーを用意しております。オーダーメイドもできます。

商品一覧

17件のページ

件表示

17件のページ

件表示
購読すると5%offになります