『生徒会の一存』は、葵せきなによる日本のライトノベルシリーズ。イラストは狗神煌。富士見ファンタジア文庫より2008年1月から2013年7月までシリーズが刊行された。当初は各巻のタイトルに必ず付けられる「碧陽学園生徒会議事録」をシリーズ名としていたが、長すぎて覚えにくいため第1巻のタイトル『生徒会の一存』がシリーズ名となった。さらに短縮されて「生徒会シリーズ」と呼ばれている。2012年12月時点で累計600万部を発行している。私立碧陽学園の生徒会役員は、一風変わった方法で選ばれる。それは純然たる人気投票。なので外見が美しいものが選ばれることとなる。男子は他の男子からの反感があるため、必然的に美少女の集まりの場となる。結果として生徒会長・桜野くりむを始めとする役員は美少女だらけ。しかし例外として学年一位の者が役員となれる「優良枠」というものが存在していた。猛勉強の末その座を獲得した男子生徒・杉崎鍵は唯一の男子として役委員入りを果たし、生徒会を自らのハーレムと公言する。本作は、彼ら碧陽学園生徒会の日常を綴った記録である。なのでだいたいの話は杉崎の視点から語られている。しかし、杉崎の失踪や記憶喪失時では他のメンバーが語っていたりする。弊社で、桜野くりむ 抱き枕カバーと椎名真冬 抱き枕カバーを用意しております。

商品一覧

4件のページ

件表示

4件のページ

件表示