『精霊使いの剣舞』は、志瑞祐による日本のライトノベル。イラストは第13巻まで桜はんぺん、第14巻~16巻、短編集は仁村有志が担当。17巻以降は〆鯖コハダが担当する。KADOKAWA メディアファクトリー刊行。既刊17巻。累計発行部数は150万部以上。2011年8月には『月刊コミックアライブ』にて吉平善哉によるコミカライズが始まったが、作者の体調不良により2012年3月号で打ち切り。その後、同年9月号より氷樹一世によるコミカライズが始まり[4]、2017年3月号まで連載された。こちらは全6巻。2013年7月28日には「MF文庫J 夏の学園祭2013」にて、同レーベルの他4作品と共にアニメ化が発表。約1年後の2014年7月より9月まで放送された。清らかなる乙女のみ許された特権―精霊契約。〈元素精霊界〉より精霊を召喚しその力を使役する少女達、姫巫女を人々は精霊使いと呼んでいた。 男性で唯一、精霊契約の権利を有する少年カゼハヤ・カミトはある理由で姫巫女達を育成するアレイシア精霊学院にやってくる。そこで旧知の仲で学院長であるグレイワース・シェルマイスにより学院に編入し姫巫女達とチームを組んで最強の精霊使いを決める大会〈精霊剣舞祭〉に出場するように言われる・・・弊社で、クレア・ルージュ 抱き枕カバー、エスト 抱き枕カバー、レスティア・アッシュドール抱き枕カバーを用意しております。

商品一覧

16件のページ

件表示

16件のページ

件表示
購読すると5%offになります