進撃の巨人』は諫山創による同名の漫画を原作として、WIT STUDIO制作を担当しているテレビアニメです。アニメ第1期は2013年4月7日から放送されて、全25話となります。第2期が2017年4月1日から毎週の土曜日の21時にTOKYO MXによる放送されて、全12話です。2期合計37話となります。さて、一緒に『進撃の巨人』の七つの女性のキャラクターを見て!

一、ミカサ・アッカーマン 
ミカサ・アッカーマンは、アニメ作品『進撃の巨人』ではヒロイン、エレン・イェーガーの幼馴染で、子供の頃にエレンにより命を救われた。ホームレスになった時、イェーガー家に引き取られた、その後二人はよく一緒に行動し、お互いに相手の最も重要な人。

イェーガー家の養女として常にエレンと行動を共にしている。東洋人の血を引いており、無口、無表情な少女で、アルミン・アルレルトと小さい頃から知り合い、同じ地域に住んでいたが、三人の関係はとても睦まじい。

二、アニ・レオンハート
『進撃の巨人』の中に登場した人物。その正体はエレンと同じ巨人化能力者の一人で「女型の巨人」。ライナー・ブラウン、ベルトルト・フーバーの同郷、長い時間で三人の間の付き合いが強い絆。

性格はクールで無口で落ち着いて、外見は強くて中身はもろい。とてもすばらしい格闘術を持って、そのは弱い彼女を保護するための父親から教えられた。第104期訓練兵団で第四名を卒業、後は憲兵団に入る。

三、クリスタ・レンズ
本名は「ヒストリア・レイス」、『進撃の巨人』の中の重要な人物の一つ。彼女は国王ロッド・レイスの隠し子で、逃げて軍隊に入った。

その後、第10位の成績で卒業し、犠牲率が最も高い調査兵団に入った。何度も戦争の洗礼を経験した後、軍隊に操られて人間世界の女王になって、正式に「ヒストリア・レイス」の本名を回復して使っています。


四、ユミル
ユミル、アニメ『進撃の巨人』のキャラクター。第104期訓練兵団へ入団し、最後は調査兵団を選択した。元々は壁の外にあふれた無知性巨人の一员として、偶然に巨人の力のあるライナー、ベルトルトの仲間を食べてしまった、知性を取り戻し、元の人間に戻った。

巨人化を行うことができて、牙を帯び、小柄だが、行動が敏捷である。謎に満ちている人です。クリスタ・レンズを愛していることを除いてこれ以外すべて不明になっています。合宿からクリスタと一緒にいて、雪山の訓練の際、クリスタと似ている境遇があることを語った。

五、ハンジ・ゾエ
調査兵団分隊長の一つであり、科学の狂人、今まで取得の巨人の研究成果は殆ど彼女からのものです。彼女は、最先端の巨人の研究成果を持っている。

漫画57話で新たに調査兵団の団長になった。巨人を捕獲したら、実験を行う。巨人の話を言ったら、ほかの人に不眠不休で延々と話し続けることができる。自分の巨人実験体には異常な感情を持って、また彼らは名前をつけることもある。

六、サシャ・ブラウス

第104期訓練兵団を9番で卒業。黒髪(アニメ版では濃茶色の髪)をポニーテールにした少女。天性の勘の良さと狩猟生活で得た鋭い五感と執念、優秀な射的技術を持っている。食べるのは非常に興味があり、かつて、長官の倉庫から肉を盗んで食べる。みんなから彼女を「バカ」に評価された。


七、アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルトはアニメ作品『進撃の巨人』で登場した主役の一つ。エレンとミカサの幼馴染である。性別は不明ですが、外見は男である。

みんなの心の中にどちらが一番でしょうか?恐らくクリスタ・レンズかもしれない。ライナーの結婚したい相手の存在であるから。