現在にはシスコン、兄コンプレックス、顔コンプレックスなどを持ち人が多めにいる。たくさんのアニメファンはテレビの前にあ!何で私はこのような妹(兄)がいないの?世界は私に対して不公平だ!泣きたいな!というように叫びているなど。アニメにはどちらは私たちが奪いたいシスコンの兄なのか?今日は一緒に見ている!

1.『兄に付ける薬はない!』時分
時分この兄はまるで時限爆弾みたいで、何時か誘爆するかまったく分からない。この兄は妹のソーセージを一口に食べた、買ってきたアイスクリームをボールぐらいに食べた、そしてはもともとこんな様子だと言った。時々に自分の妹をいじめたけど、しかしずっと妹のそばに立って、黙々として彼女を守る。このようなずぼらで人に笑わせる、シスコンの兄がいて、生活は知らない内に活力が溢れている、挑戦に満ちている。

2.『カードキャプターさくら』木之本桃矢
木之本桃矢は妹を見守る兄だ、強大な魔力を持ち、裏にカードを収集しているさくらを黙々に保護している。桃矢は日常生活でさくらをいじめているが、事実にはさくらが関心を寄せている。桃矢は小狼が好きじゃないのは最後にさくらが小狼に連れ去られるから。桃矢は典型的な「シスコン」とか、「妹は自分だけはいじめできる」、「妹を奪うのはすべて自分が好きな人ではない」。このような兄がいて、妹が幸せになることはありますか?

3.『輪るピングドラム』高倉冠葉 高倉晶馬
高倉兄弟は自分の妹の高倉陽毬を非常に溺愛している。兄は活発で大胆な性格で、妹が生き延びるのために、自分の命を妹にあげた。弟は穏やかな性格で、料理をすることが上手で、家には全ての家事を担当している。妹にはなんの家事をやらせない。ピングドラムを探すのも妹を救いため。最後、兄弟とも世界から消えた。

4.『境界の彼方』名瀬博臣
名瀬博臣は思考能力が鋭くて、分析能力が強いだ。妹の保護は極めていることが言える、極度のシスコンで、変態の中の戦闘機と言っても及ばないことがない。

5.『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』高坂京介
高坂京介はなんの特長がない平凡な高校生だ。元は妹の桐乃の関係は極めて冷たいが、妹の趣味を知った後、妹に“人世相談”を提供している。二人の関係は少しずつ仲良くになった。自分がシスコンのことを発見した後、妹を大切する兄をなりたいことを決めている。

6.『エロマンガ先生』和泉正宗
高校生でライトノベル作家である兄は妹の紗霧と二人きりで暮らしている。あることで妹は必要なとき以外に部屋から出らずに引きこもっている。そのために、全ての家事を担当している。紗霧には部屋から出てきると思っていた。極度のシスコンで、エロマンガ先生が自分の妹であることを知た後、非常に嬉しい。

みんなが好きなシスコン兄はだれでしょうか?