彼女たちの物語をもう一度見て『ラブライブ!』を応援してみませんか?

『ラブライブ!』は東京都千代田区にある、地域の人々の想い出に育まれた歴史と伝統ある音ノ木坂学院が時代の流れには勝てず、3年後に迫る学校統廃合の危機に瀕していたごく普通の女子高校で、学校の名を世に広め、入学希望者を増やそうと考えたの9人の生徒が立ち上がり、彼女たちは、自らがアイドルとして活動し、まだ見ぬファンのみんなで叶える物語を描くことです。
  最初は彼女たちのうたを聞きましたところ、「僕らのLIVE 君とのLIFE」という歌が好きになりましたが、一見して彼女たちの顔の見分けがつきませんでした。だから、アニメを見ようと思っていました。暇なときに、ちゃんと『ラブライブ!』のアニメを見ました。彼女たちはそれぞれの個性をもってμ's(ミューズ)の名を乗るアイドルグループを結成して、スクールアイドルの甲子園(LoveLive!)に出場を目指して奮闘しています。初めに、2年生の高坂穂乃果は音ノ木坂学院を存続させるために、スクールアイドルグループを結成することを決めました。そして、穂乃果は同じく2年生の幼馴染の南ことりをスクールアイドル活動に誘いました。穂乃果と共に剣道部に所属している幼馴染の園田海未も穂乃果の影響を受けてスクールアイドルグループに加わりました。幼い頃からアイドルになることを夢見ていた小泉花陽も花陽の親友の星空凛もクールな西木野真姫もアイドルには興味がある矢澤にこも強い責任感がある生徒会長の絢瀬絵里も絵里の親友で生徒会副会長の東條希も次々に穂乃果たちに加わりました。ちょうど9人になって、年級も三つで分け、1年生の花陽・凛・真姫、2年生の穂乃果・ことり・海未、3年生のにこ・絵里・希です。
  それでは、μ's(ミューズ)のメンバーをそれぞれ簡単で紹介させていただきます。
スクールアイドル活動の発起人の高坂穂乃果は、いつも笑顔で、何事にも一生懸命な頑張り屋です。一度本気で決めることは絶対に途中で諦めません。先にはどんな困難があっても、前を向いていて、行動で問題を解決して、太陽のような存在です。グループ内で特別なことをやっておらず、だが、無意識ながら周囲を惹きつける行動力、その精神力の強さにより他のメンバーからはμ'sの精神的な支柱とされ、勝負所での集中力と決断力も優れていて、実質上のリーダーとして認められております。

天然ボケの南ことりはアイドル活動に自信はありませんが、歌ったり踊ったりするのは好きです。服飾とイラストが得意ので、メンバーの衣装のデザインも製作もライブ告知のポスターのイラストも任せられています。穂乃果とことりの幼馴染の園田海未は落ち着いた雰囲気を持っていて、1年生からグループ内で非常に頼もしいと思われますが、恥ずかしがり屋です。ポエムを書いていたことので、μ'sオリジナル曲の作詞を担当しています。

スポーツ少女の星空凛は元気満々で、言葉の語尾に「にゃー」をつけています。1年生の3人の中でしっかりしているとされます。凛の幼なじみの小泉花陽は豊富なアイドルの知識をもって、アイドルに憧れを抱いています。普段の声は小さく、歌もあまり自信がないと自虐的になっているが、持ち前の努力で克服しております。クールな雰囲気を持つ少女の西木野真姫は実際は人付き合いや本心を見せるのが苦手な不器用、仲間のことを想うが、そういった素振りを一切見せずに悪態をつくといった素直になりきれない一面があります。音楽的才能があり、μ'sオリジナル曲の作曲を担当しています。

高校3年生の矢澤にこは普段は勝ち気で意地っ張りな性格ですが、スクールアイドルへの情熱はどのメンバーよりも強くです。独自の決めゼリフ「にっこにっこにー!」をずっと使っています。生徒会長の絢瀬絵里は何事も楽しむ主義の明るい性格で、責任感が強すぎるところもあります。μ'sのダンス指導を依頼されて、個性的なメンバーのまとめ役をしています。絵里の親友の東條希は基本的には穏やかな性格ですが、メンバーの面倒見のいい母親役のポジションを務めています。この9人は奇跡的に集まったμ'sを結成して、自分も成長しています。
  学校を舞台に活動するスクールアイドルグループ「μ's(ミューズ)」はアイドル活動を通してぶつかる様々な壁を努力によって乗り越えて絆を深めていく要素があり、男女を問わず共感して応援できています。今、少女たちと、まだ見ぬファンのみんなで叶える物語=スクールアイドルプロジェクトが行っています。みんなさんも一緒に参加しよう!