今、私たちは殆ど毎日にも各種類の投票のランキングを見える。こういうことは日本だけではない、たくさんの外国人のオタクも似ている好みがある。最近、Anime Trendingには最新一期の4月新番の人気キャラのランキングが公開されている。入っているのはどちらのキャラでしょうか?一緒に見てみてよう!

男性キャラの方には、NO.1のは夏目友人帳の主人公夏目である。普段はなんの宣伝がないのに、作品はいつの間にか六期のテレビアニメを製作した。また、夏目友人帳は特に想像以外のストーリーの展開がない場合で、凄く多いの強いライバルを勝った、一番になった。こういうランキングは確かに想像以上だ。きちんとストーリーを語るだけで、作品もキャラも忘れられないだろう。そういう点も証明した。

第二位と第三位のは二つとも僕のヒーローアカデミアのキャラだ。第二位は轟焦凍である。

これはアニメには非常に活躍しているが、また、声優は梶裕貴であるのキャラだ。まず、実力から見れば、平凡ではない。彼の半冷半燃の個性もキャラに少ない支持者を獲得した。

特に最近のストーリーには表現は凄く目立っている。

第三位のは主人公緑谷出久である。先週のNO.1の位置を守らないけど、この小さいヒーローの表現は既にみんなからの称賛を取った。同じく山下大輝が声優を担当してアニメ『Re:CREATORS』のポンコツ主人公と比べったら、デクの表現は絶対に満点をあげることができる。彼は気迫がある表現の場合で、作品のこの先はもっと多くの展開を期待できる。


第四位のは月がきれいの主人公の安曇小太郎である。この子は作品の中には人に安く共鳴を起こさせるだ、まるで青春期の自分を見えたようだ。もちろん、私たちは彼のような勇気がない。安曇小太郎は理想の自分を言えるかもしれない。理想だから、彼は好きな女の子とうまく付き合えることを望んでいる。

第五位のは進撃の巨人Season2の主人公のエレンである。エレンは最近の奪還戦にはかなり薄い存在感がある。彼は救われている王子として存在しているだから。比べると、非常に矛盾な気持ちを持っているユミル、または両腕が無くしても戦う団長、二人とも表現は強いだ。当然、例えこのような場合でもNO.5になることはエレンが安定な人気があるのを説明した。

 

それ以外に、ハイネ(『王室教師ハイネ』)、グラン(『グランブルーファンタジー』)、杠花奏(『覆面系ノイズ』)、グレン=レーダス(『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』)、ヴィレム・クメシュ(『終末なにしてますか? 忙しい ですか? 救ってもらっていいですか?』)もランキングにある。

続いて、女性キャラのランキングを紹介しよう!

 

女性キャラの方は、ランキング第一名のは進撃の巨人のミカサである。エレンの薄い存在感と異なっているが、ミカサは最近のストーリーの展開には表現が凄くカッコイイだ。自分の敵さえびびっている目つきだけで十分に歓呼を獲得した。そして、あれのような自分の目的のためになんの手段も尽くす行為も大勢のファンを征服した。先週の第七位から直接に第一名になった。こういう爆発力は恐らく誰でも比べれないでしょうか?

NO.2のは冴えない彼女の育てかたの加藤恵である。作品が放送ばかりの頃、官方には第二期が純粋にめぐみのために製作したことがあるようだ。だから、ほかのキャラはせいぜい表現したら、めぐみが帰る時期だ。

 

第三位のは僕のヒーローアカデミアの女性ヒロイン-麗日お茶子だ。通常のように、声優佐倉綾音のキャラはエロいだけど、麗日お茶子は違った。彼女は私たちがよく知っているの非常に頑張っている女の子にみたいだ。第一期の際に、注目が少ないかもしれない。知らないうちに、彼女はこれまでに成長した。

 

木春由乃は第四名になった。アニメ『サクラクエスト』を見続けている観衆たちは今のところでとっくに由乃の素直で努力している姿で惹かれているでしょう?現在、彼女は自分の“国民”を成功の道に引き連れている日を見えないけど、せめて応援している。

 

また、『Re:CREATORS』のメテオラ・エスターライヒは第五位になった。現在、去年の今日はレムを見たが、今年の今のところはメテオラを見ているような話がある。二人とも水瀬いのりは声優を担当してるが、全く違った感じがある。ある意味で声優は怪物だ。

それ以外に、水野茜(『月がきれい』)、山田エルフ(『エロマンガ先生』)、有栖川仁乃(『覆面系ノイズ』)、ルリア(『グラブル』)、紗霧(『エロマンガ先生』)もランキングに名前がある。