四月新番には『Re:CREATORS』というアニメ作品はたくさんの人々に興味を惹かれる。この作品は各種アニメ、ゲームやライトノベルに存在するキャラたちは現実の世界に来て、また、「神」―つまりストーリー構成を務めた作者たちとコミュニケーションをすることを語る。

この設定は十分に新奇だ。では、二次元の世界に世界観が特別で面白いアニメ作品がまた何かあるか?

二次元が好きな人はアニメ、ゲームの世界に入ることを想像した可能性が高い。しかし、もし創り出された世界は本当に存在しているが、どうになるのか?また、もしも各種のアニメのキャラたちは自分の意志を持っているが、それに現実の世界に現れた、何かあるのか?四月新番『Re:CREATORS』はこういう物語を語る。

『Re:CREATORS』はオリジナルのアニメ作品である。『BLACK LAGOON』の作者の広江礼威は『Fate/Zero』の監督のあおきえいと共に創る。

主人公の水篠颯太は普通の高校生であるが、二次元の文化を好き。自分はストーリーを創るのを考えることがあった。ある日、主人公はアニメ『精霊機想曲フォーゲルシュバリエ』を視聴中にわけがないで突然に奇怪な光景を見た。自分はアニメの世界に入るようだ。彼にとってもっと奇怪なことは、現実の世界に戻った後、アニメのキャラのセレジアも現実に現れた。

セレヴアだけではなく、『精霊機想曲フォーゲルシュバリエ』こういう一つのアニメだけではなく、たくさんのアニメのキャラたちも三次元の世界に現れた。彼らは異なる設定と世界観により、RPGゲームのメテオラ、アニメの姫、ピンクの髪を持っている魔法少女、さらに漫画の適役のBOSSとロボットを操る少年もいる。

彼らはここは自分の世界を創り出した神の存在地、つまり、自分の世界の存在若しくは滅びはこの世界の神により決める。では、彼らは神に会ったら、どのつもりでしょうか?

これは設定が新しい作品である。二次元から三次元の逆に通り抜けることだけではなく、各種の違った設定のキャラたちの大きな戦闘もある。出番の二次元のキャラたちは原型もあるようで、たとえば、ピンクの髪の魔法少女の出番を見ると、きっと多くの人は魔法少女まどか☆マギカの鹿目まどかを思い出した。

それに、軍服を身に着ける神秘な女の子は、アニメやゲームが好きな主人公の思い出により、このキャラはどちらの作品にも見たことがない。一体は彼女はどちらでしょうか?彼女の目的も謎だらけ。

最新話の内容に主人公の一度忘れた思い出により、軍服の姫君の身分と目的を分かった。彼女はアルタイルである。現実世界と虚構世界の矛盾を肥大化させることで大崩潰を目論む。主人公たちは彼女を止めるのを決めって、現実の世界を壊すことがないを前提として、キャラたちが戦闘できる新しい世界を作ろうと思った。これからの展開はどうになるのか?

ほかには、『けものフレンズ』、『新世界より』、『PSYCHO-PASS サイコパス』、『蟲師』、『ノーゲーム・ノーライフ』、『とある魔術の禁書目録』……

私は大好きな崩した世界観のアニメ作品は『コードギアス 反逆のルルーシュ』である。同感な人がいるのか?ちなみに、もっとも君の世界観を崩したアニメ作品はどちらでしょうか?