テレビアニメ『ようこそ実力至上主義の教室へ』、略して『よう実』と呼ばれる、このアニメにいずれかのキャラを絶対信じないで!男の主人公の声優は棒読みようで?

よう実』、第一話は既に放送された。このライトノベルはまさかアニメ化にするなんてを思わない。第一話を見た感じは非常にいいで、期待に添えないことではない。自分が気になる作品のキャラは動いて、何しろとても嬉しいな!

この作品は何も知らず愚かな学生たちは楽園に来たと思っているが、実際は地獄に来たということを語る。ヒロインたちはDクラスに分配されて、毎月に十万円をもらえる。学校にもあるべき娯楽施設は揃っている。まさに天国である。なのに、愚かな学生は堕ちた、賢い学生は全てを見抜いた。各クラスの勢力は既に動いた。『バカとテストと召喚獣』みたいに聞こえる?大間違った。

ストーリーをほっとけ、今のところ、このアニメは大騒ぎなのは一つ重要な話題は、それは男の主人公の声優のことだ。

実は第一時間で『ようこそ実力至上主義の教室へ』の第一話を見たことではない、現在“男の主人公の声優は棒読みにすると思わないか?”などのタイトルを見た後、気づいた―あ、このアニメは第一話が出た!

最初はこれらのツッコミの言論は気にならない。男の主人公の声優は千葉翔也で、すなわちたった今終わった『月がきれい』の安曇小太郎の声優だ!彼は監督の岸誠二と『月がきれい』でのコンビの表現は素晴らしい。それに、『月がきれい』にたくさんの気持ちを表す語気の声があるので、これらの語気の声が違和感がないように、非常に声をコントロールする技術に熟練する必要がある。千葉翔也は経験が少し浅いが、実力を持っている。今、新作の男の主人公の声優として、きっと理由がある。この考えで、第一話を見た。はい、そうですね!この男の主人公は本当に棒読みにする。一旦聞いたら、違和感は少しではない。オープンの一分で、男の主人公の中二の告白は彼の作品から離れた強い声、是非聞いてね!

まず、性格はきごちないでまた少しユーモラスな男の主人公は直接に顔の表情が完全にないキャラになった。こういうキャラは強いやつと知っているが、最初は男の主人公は一番強いことを暗示されている。しかし、こういうわざと声を低めにするの棒読みも声優の技術である。

また、男の主人公と二人の女のヒロインの性格を見ると、思わずに『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』を思った。良く考えると、三人の性格は本当に似っている感じがある。同じく、二人の女のヒロインは、一人は冷たい性格で、もう一人は熱心すぎるな感じである。男の主人公も顔に表情が全くない、何を考えるのもさっぱり分からない、行動も予測できない存在である。

現在のストーリーの展開を見ると、個人的に続きは興味深い。2017年7番の超すすめ!絶対見てみよう!