アニメ四月新番のヒットが最高のものと言えば、それは色情のスケールが驚くほど大き過ぎるラーメン番、毎話はわずか4分ぐらいのアニメ『僧侶と交わる色欲の夜に…

でも、この短い四分に、大体2分の時間は……
  番組の名前を見るだけで、たまらないしきりにを思い浮かべ。

僧侶、エッチ、エロい……
  この言葉は強引に繋がられてしまった。警察に連絡する衝動さえも生み出した。
  色情の画面は多いので、写真は載せない。一つのヒントを提供できる、第1話はエッチな画面がある、女の主人公は男のヒロインの色欲を煽ぐところも見せられる。この画面はまるでAVみたいと言われても過ぎない

もう一度見てポスターに坊主の男のヒロインは目が笑えるようの笑顔、いやな感じがある。

やっぱり

短い4分30秒一話のラーメン番、一部分を見る私もこのアニメに引かれてたまらない。

あだ名は『秋名山の車の神:5→9 〜私に恋したお坊さん〜
  美少女である美桜は中学時代、ずっと九条に淡い恋心を抱いていた。
  彼は短く黒い髪を持って、とてもかっこいいです。

うっかり水桶を倒した時、彼女に優しく声かけて手伝うこともある。

  彼の笑顔はいつまでも温かい。

こうして、九条は美桜の心に住んでいた。

あの時の美桜は照れるのか、または断られることを恐れるのか、ずっと告白しないのまま、すべての可能性を扼殺した。
  数年を経った、美桜はずっと九条のことを忘れられない、二人は同窓会で再会した。

でもこの坊主頭は何のだ?!

それは、九条の実家はお寺で、彼は家業を継いで僧侶になっていたらしい。『5→9 〜私に恋したお坊さん〜』を見た友達は、日本の僧侶を知らないことはないはず。

当時、たくさんの少女が、お坊さんのお嫁さんになって欲しいと騒いでいた。

日本の僧侶は少し特別で、家業を継ぐことはできるし、結婚もできるし、子供も出産できる。
  それでも美桜はやはり、小さくないショックを受けた。

しかし、明らかに二人の縁は尽きない。

忘れてはいけない、日本の僧侶は結婚できるよ。
  酔っている美桜は九条に家まで送られた。

酔っ払った美桜はベッドの上で体をくねらせた、口の中で聞こえない言葉を吐いている。真っ赤い顔、大きなおっぱい、短いスカート、一つの転身は下着を見られた……
  九条はその無言の誘いを分かった。

僧侶の前に、俺だって男だよ」と宣言して押し倒されてしまう。
  そして、予想の中の欲情は、この長い夜で上演されている。
  一夜をともにした翌日から、婚約者のフリをさせられ、ゴーインに始まったお寺での同棲生活。

僧侶なのに野獣な彼に迫られて、24時間ドキドキが止まらない…!

この5分枠の短編アニメは、全年齢対象の地上波版、R-15指定のAT-X版、R-18指定でノーカットのアニメZONE配信版(完全版)の3種類が存在する。アニメZONE配信の「完全版」では局部モザイク描写ありの完全成年向け作品となっている。

このアニメの制作監督は荒木英樹である。主にアダルトアニメの作画監督、演出、監督を務める。参加作品は『だから僕は、Hができない。』、『君が望む永遠』、『顔のない月』、『ストリンジェンド&アッチェレランド ULTIMATUM』などです。

  少女漫画はあくまでも少女漫画だが、でなければ男の主人公が非常にカッコイイ。

でなければストーリーはすごく面白いで、人に引かれている、さもなくばエッチな画面がいい。

この三点の中には一点若しくは二点を満たせば、きっと乙女たちに引かれているだろうか。